注目キーワード
古紙輸出市況: 旧正月前の荷止めで年明け輸出に懸念 価格軟化

古紙輸出市況: 旧正月前の荷止めで年明け輸出に懸念 価格軟化

  ■ 古紙輸出市況: 旧正月前の荷止めで年明け輸出に懸念 価格軟化 2021年11月27日 9月以降古紙輸出価格の軟化が続いているが、11月に入り東南アジア向け段ボール古紙輸出価格がさらに10~20㌦軟化した。 中国の景気失速感と再生パルプ需要減退によって国際古紙市況は軟化傾向にあったが


 続きを閲覧するには【無料ユーザー登録】が必要になります。すでに登録されている方は下記からログインを、登録されていない方はユーザー登録ページからをご登録をお願いします。


  *登録費用・年会費などは一切不要です。
偽名や存在しない会社名、個人事業主など抽象的な名義でご登録された場合、登録をお断りさせていただく場合がございます。


This content is restricted to "free" site members. If you are an existing user, please log in. New users may register below.

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目
古紙輸出市況: 旧正月前の荷止めで年明け輸出に懸念 価格軟化
最新情報をチェックしよう!