注目キーワード
王子ホールディングス ベトナムで段ボール工場増設

王子ホールディングス ベトナムで段ボール工場増設

KLB

  ■ 王子ホールディングス ベトナムで段ボール工場増設

2021年12月2日

王子ホールディングスは30日、ベトナムで新たに段ボール工場を建設すると発表した。北部ビンフック省で投資総額は約50億円、2023年7月の稼働を予定している。 

工場の敷地面積は6万3000平方メートル、月産能力は700万平方メートルを想定しており、2023年7月に稼働する予定だ。

 同社はベトナム全土で、5箇所の段ボール工場を運営しており、南部地区では3箇所目の新工場も建設を進めている。今回の北部の段ボール工場が完成すると、北部4か所、南部3か所の7か所体制となる。

国内需要が縮小する中海外事業を広げており、現地の食品や飲料メーカーなどの需要を取り込みさらに事業を拡大する。

今回の新工場は東南アジア・インド・オセアニア地域における36箇所目の段ボール製造拠点となる。

王子ホールディングス ベトナムで段ボール工場増設
最新情報をチェックしよう!

M&A (合併・増設)の最新記事8件