注目キーワード
大王製紙 吉沢工業(新潟県)を買収

大王製紙 吉沢工業(新潟県)を買収

  ■ 大王製紙 吉沢工業(新潟県)を買収

2022年04月21日

大王製紙株式会社は子会社である大王パッケージを通じて、新潟県の段ボール企業である吉沢工業株式会社の全株式を取得し、子会社化することを決定した。

大王パッケージは国内に13工場を有し、親会社に製紙企業をもつ一貫企業で、段ボールの国内シェアは約4%。北陸エリアには生産拠点を持っておらず、生産空白エリアだった。買収する吉沢工業は1950年に設立され、新潟県において段ボールシート・段ボールケースの製造販売を手掛けており、米菓・食品メーカーを顧客にもつ独立系段ボール企業。資本金は6000万円で工場所在地は新潟県三島郡出雲崎町。 M&Aにより、大王製紙は、新たな生産拠点を確保し、競争力の高い段ボール原紙の販路拡大・生産性向上を図る。また、段ボール製品の取引先の業態や品揃え等の拡大を目指す。

大王製紙 吉沢工業(新潟県)を買収
最新情報をチェックしよう!

M&A (合併・増設)の最新記事8件