注目キーワード
CATEGORY

古紙

  • 2022年5月17日

インドで深刻な新聞紙不足  ウクライナ戦争も影響

  ■ インドで深刻な新聞紙不足  ウクライナ戦争も影響 2022年5月21日 インドに於いて深刻な新聞紙不足が発生している。新聞社はレイアウトの変更や社説の廃止、週末の特別紙を廃止するなど紙の節約に追われている。  インドにおける新聞紙不足は様々な要因が重なっている。長年インドは世界各国   .....続き

  • 2022年5月7日

21年度 中国造紙協会統計

  ■ 21年度 中国造紙協会統計 2022年5月7日 中国造紙協会の2021年度統計が発表された。統計によると21年の中国紙及び板紙の生産量は12,105万㌧で前年度比7.5%増加した。また消費量も12,648万㌧6.94%増で、一人当たりの年間紙消費量は89.51kgと近年の平均消費量   .....続き

  • 2022年5月3日

インド国内古紙価格急落 欧州古紙輸出再開とウクライナ侵攻、中国都市封鎖で需給悪化

  ■ インド国内古紙価格急落 欧州古紙輸出再開とウクライナ侵攻、中国都市封鎖で需給悪化 ウクライナ戦争や中国の都市封鎖など複数要因によってインド国内の包装需要が減退した。 国内段原紙価格は大きく値崩れしていないが、需要家の購買意欲は弱まっている。製紙企業や卸商の原紙在庫も増加した。 段原   .....続き

  • 2022年4月29日

山鷹国際 都市封鎖の影響で原材料入手困難 5月も減産 段原紙価格再値上げ

  ■ 山鷹国際 都市封鎖の影響で原材料入手困難5月も減産 段原紙価格再値上げ 2022年4月29日 山鷹国際は4月27日、5月8日より全ての紙種に於いて100RMBの値上げを発表し、華南、華中、広東省の工場おいて3~13日のマシン停機をアナウンスした。同社はマシン停機の理由を、新型肺炎の   .....続き

  • 2022年4月28日

2022年4月 東南アジア古紙市況

  ■ 2022年4月 東南アジア古紙市況 先月末より軟化していたアジア古紙市況は、この4月中旬以降は価格が横ばいで推移している。一方、未曽有の円安により円価ベースの古紙輸出価格はやや上昇ぎみだ。3月中旬、価格軟化前のベトナム向けBitプライスはCIF $290~295㌦前後、為替は@11   .....続き

  • 2022年4月16日

マレーシア政府 今後2年間、新規製紙工場建設許可発給を停止

  ■ マレーシア政府 今後2年間、新規製紙工場建設許可発給を停止 2022年4月16日 マレーシア通商産業省(MITI)は、今後2年間、製紙企業の工場建設に係る新規許可を停止する事を発表した。 3月15日以降、新規工場の建設、転抄、増産、買収に係る許可の新規発給が停止され、この決定は製造   .....続き

  • 2022年4月12日

中国国内の古紙・段ボール製品価格上昇 原燃料の高騰と物流制限

  ■ 中国国内の古紙・段ボール製品価格上昇 原燃料の高騰と物流制限 2022年4月12日 中国国内の段ボール製品(箱)価格と古紙価格が相次いで値上がりしている。 段ボール工場は先月末の値上げに続き2回目の値上げを発表した。値上げ幅は0.5~0.3RMB/平米(5~8円/平米)。 値上げの   .....続き

  • 2022年4月11日

欧州古紙インド向け輸出再開、中国都市封鎖による段原紙需要減と再生パルプシップバックでアジア全体に古紙価格軟化が波及

  ■ 欧州古紙インド向け輸出再開、中国都市封鎖による段原紙需要減と再生パルプシップバックで古紙価格軟化 2022年4月11日 昨年末より、事務手続き上のミスにより停止されていた欧州からインド向けの古紙輸出が4月から再開された事で、インドバイヤーは米国及び英国古紙の購入価格を引き下げた。こ   .....続き

  • 2022年3月31日

古紙輸出市況 中国景気減退 アジア古紙価格軟化も円安により円価維持

  ■ 古紙輸出市況 中国景気減退 アジア古紙価格軟化も円安により円価維持 2022年4月1日 ロシアによるウクライナ侵攻、中国の景気失速や都市封鎖など景気減退を伴う不安要素が多く、東南アジア製紙企業の古紙オファー価格は軟化し始めている。 EUの廃棄物輸出に関わる法令改訂の際に、インド側の   .....続き

  • 2022年3月27日

インド段ボール協会 原燃料と段原紙高騰に35%の値上の必要性を提言

  ■ インド段ボール協会 原燃料と段原紙高騰に35%の値上の必要性を提言 2022年3月27日 ICCMA(インド段ボール協会)は相次ぐ段原紙値上げ、原燃料価格の上昇や副資材価格の高騰に伴い、段ボール製品価格を少なくとも現行より35%以上値上する必要があるいう見解を示した。 コスト上昇要   .....続き