注目キーワード
CATEGORY

再生パルプ

  • 2021年10月23日

中国景気失速に再生パルプ需要軟化 古紙価格も10~20㌦ダウン

  ■ 中国景気失速に再生パルプ需要軟化 古紙価格も10~20㌦ダウン 2021年10月23日 中国国内の景気失速感により包装需要が減退し、大手中国製紙企業は東南アジアにある再生パルプ工場を減産あるいは停機させている。これにより、米国DSOCC#12を中心に価格が10~20㌦ほど軟化した。 現在の中国向け再生パルプ販売価格は530㌦付近から500㌦以下へと下落し、需要も非常に弱い。中国国 […]

  • 2021年9月24日

山鷹社関連企業 イギリスで乾式再生パルプ建設の許可申請

  ■ 山鷹社関連企業 イギリスで乾式再生パルプ建設の許可申請 2021年9月24日 中国大手製紙企業である山鷹国際の資材調達関連会社Cyclelink UK社は、イギリス、テルフォード地域に於いて乾式再生パルプ工場を建設すべく営業許可申請を提出した。 スーパーマーケットや小売店から回収されるカードボードや、段ボール・紙器工場にて発生する裁落古紙を原料に乾式再生パルプを製造し、中国向けに […]

  • 2021年8月14日

ベトナム政府 古紙など廃棄物原料の輸入に割当制導入を発表

  ■ ベトナム政府 古紙など固形廃棄物原料の輸入に割当制導入を発表 2021年8月13日 ベトナム政府は、固形廃棄物を原料として製造を行う場合、使用する原料の20%は国内の廃棄物を利用する事を義務化、輸入原料は最大80%までに限定し輸入割当制度を適用する事を発表した。この法案は2025年1月1日から適用される。 輸入割当は製造原料として使用する事を目的とする場合に限られ、二次処理や転売 […]

  • 2021年3月30日

米大手デベロッパー フロリダ州に再生パルプ工場の建設用地取得

  ■ 米大手デベロッパー フロリダ州に再生パルプ工場の建設用地取得 2021年3月30日 ニュージャージー州に本店を置く米大手建設ディベロッパーのCeladon Development Corporation(セラドン社)はフロリダ州最大の港であるタンパ港と37エーカーを借用する契約を締結した。 セラドン社はインフラ設備企業であるKamine Development Corporati […]

  • 2021年2月25日

オーストラリア古紙輸出禁止政策に対応し行政主導で再生パルプ工場建設

  ■ オーストラリア古紙輸出禁止政策に対応し行政主導で再生パルプ工場建設 2021年2月25日 昨年11月、オーストラリア政府が古紙の輸出を制限する法案を可決した事により、未選別の古紙(MIX)は24年から輸出禁止となる。  24年以降の古紙の処理問題に対する解決策としてオーストラリア政府は、民間との共同出資で再生パルプ工場を建設する事を発表した。 オーストラリア西部にあるKwinan […]

  • 2020年12月24日

海上運賃上昇、原紙・再生パルプ調達にも影響

  ■ 海上運賃上昇、原紙・再生パルプ調達にも影響 2020年12月24日 中国では来年より古紙輸入が禁止となるが、製紙企業は自身のアジア工場向けの古紙調達、あるいはアジアのメーカーに再生パルプの買付オファーを強化している。 しかし昨今の海上運賃の高騰と古紙の回収減により古紙価格は上昇、200㌦付近で調達して作った再生パルプは380-400㌦付近まで値上がりした。インドからの輸出は410 […]

  • 2020年9月23日

中国での段原紙増産と古紙代替

  ■ 中国での段原紙増産と古紙代替 2020年9月  北米 アメリカ  来年度の古紙輸入禁止に備え、中華系製紙企業は再生パルプ工場の建設を強化している。特に山鷹国際は再生パルプ工場の増設に積極的で‘18年に米国ケンタッキー州にあるPhoenix paper のBHK及び上質紙工場を取得し、一部を再生パルプマシンへ改造することを発表した。  東南アジア タイ 山鷹国際はタイの大手製紙Do […]

  • 2020年2月23日

中華系メーカー原紙不足に原料確保と輸入紙に警戒

  ■ 中華系メーカー原紙不足に原料確保と輸入紙に警戒 2020年2月 中国では今後古紙不足によって原紙不足が誘発されることが明らかであり、原料安の製品高が再来する可能性があるのではないだろうか。  中国系大手二社は他国製紙メーカーが安い段ボール原紙を中国向けに輸出し相場が崩れることを強く警戒している。 特に大手メーカーの独占であり、価格帯も高いAAグレード(比破裂3.8-4.0kgf) […]

  • 2020年2月23日

中国景気刺激策として対米関税を一部緩和

  ■ 中国景気刺激策として対米関税を一部緩和 2020年2月 新型コロナウイルスによる経済への影響を緩和する為に中国政府は18日、農産物やエネルギーなどの米国からの輸入品696品目を対象に追加関税の適用を免除することを発表した。 <対米関税追加免税措置> 免除期間は1年間で、3月2日からの適用開始となる。減税対象品目の中には古紙や鉄スクラップ、紙製品も含まれている。クラフトライナーや塗 […]

  • 2019年11月20日

中国政府再生パルプの輸入に6%の関税を賦課

  ■ 中国政府再生パルプの輸入に6%の関税を賦課 2019年11月 再生パルプに於いて12月15日より6%の関税を掛けることが中国政府から発表された。兼ねてより増加する再生パルプの輸入は巻き取り状で輸入されるケースが多く段ボール原紙と見分けが難しい為、原紙を再生パルプと称して輸入し関税を免れる恐れがあることに中国税関は懸念を示していた。 今回6%と段ボール原紙と同等の関税が課される事と […]