注目キーワード
CATEGORY

M&A (合併・増設)

  • 2022年6月6日

日本製紙 オーストラリアに液体容器事業会社を設立

  ■ 日本製紙 オーストラリアに液体容器事業会社を設立 2022年6月7日 日本製紙は液体用紙容器事業と海外事業拡大の為、オーストラリアに現地法人を設立した事を発表した。 同社は法人設立に先駆け今年3月に液体用紙容器の世界的リーディングカンパニーのElopak ASAとオセアニア地域での   .....続き

  • 2022年5月30日

レンゴー ドイツ重量梱包メーカー買収 レンゴー・ヨーロッパ社設立

  ■ レンゴー ドイツ段メーカー買収 レンゴー・ヨーロッパ社設立 2022年5月30日 24日、大手段ボール一貫メーカーであるレンゴーは、欧州での事業展開をより拡充するために、同社欧州子会社であるトライコー社と共同でドイツ中部ノルトハウゼンに本社を置く重量物包装資材メーカーであるティム・   .....続き

  • 2022年5月7日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2022年5月7日 インド段ボールメーカーであるTriplewall Container社は同社初となる原紙マシンを来年3月に稼働させる。マシンはタミル・ナードゥ州Krishnagiri市に設置され、中国、インドの機械メーカーより供給され、原質設備はV   .....続き

  • 2022年4月27日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2022年4月27日 インドネシア大手紙パルプメーカーであるAplir社はインドネシアスマトラ州に於いて年産120万㌧規模の板紙工場を建設し、包装紙事業に参入する。190億㌦を投じた事業は既に建設作業が進んでおり、来年の5月に稼働を予定している。インド   .....続き

  • 2022年3月26日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2022年3月27日 玖龍社は米国ウィスコンシン州バイロン工場に於いて印刷用紙マシンを段原紙マシンに転抄する。同工場には2第のマシンがあり、総生産量は年間53万㌧。その内コート紙を生産するBM26を2022年中に薄物高強度ライナーの生産に切り替える計画   .....続き

  • 2022年3月2日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2022年1月24日 ロシア大手製紙企業のArkhangelsk Pulp and Paper Mill (APPM)社はアルハンゲリスク州ノヴォドヴィンスク市に於いて、新たに段ボール原紙マシンを導入する事を発表した。マシンの稼働は2024年の予定で、   .....続き

  • 2022年2月8日

日本製紙 Elopakと包括的協業覚書を締結

  ■ 日本製紙 Elopakと包括的協業覚書を締結 2022年2月8日 日本製紙は欧州・北米を中心に液体紙容器事業を展開するElopak ASA(ノルウェー)社と包括的な協業に関する覚書を締結したことを発表した。  Elopak社は液体食品向け紙容器「Pure-Pak」ブランドを世界展開   .....続き

  • 2022年1月21日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2022年1月24日  中国 江蘇富勤紙業は江蘇省盐城市において12月、年産30万㌧のコートボールマシンを稼働させた。マシン幅は4.7m、抄速500m/分でコートボール裏鼠を生産する。 同マシンは当初2015年に浙江省杭州富陽地区に於いて、地元中小企業   .....続き

  • 2022年1月13日

ナインドラゴン 広西省北海市で7万㎡の土地使用権を取得

  ■ ナインドラゴン 広西省北海市で7万㎡の土地使用権を取得 中国最大手製紙企業である玖龍紙業(北海工場)は北海市の工業団地に於いて70年の土地使用権を取得した。土地面積は70,416.27㎡を1憶563万元(約18億円)で取得する。 同社は昨年12月、北海市に於いて工場敷地面積33万㎡   .....続き

  • 2021年12月24日

世界の段原紙・パルプ増産情報

  ■ 世界の段原紙・パルプ増産情報 2021年12月24日  中国 太陽紙業(サンペーパー)は12月4日、広西省北海市にある工場で年産100万㌧のアイボリーマシンのテスト抄紙を開始した。マシンはVoith社製、抄紙幅8.9m、マシンスピード1300m/分で、同工場に於いて生産された60万   .....続き