注目キーワード
world paper market view

世界の古紙・板紙市況ブログ

<World Paper Market View>

世界の古紙板紙 各種統計・分析はこちら

  • 2022年9月19日

中国にバブル崩壊の兆し? 不動産投資13か月連続の減少

  ■ 中国にバブル崩壊の兆し? 不動産投資13か月連続の減少 2022年9月19日 中国国家統計局の統計によると、今年1月~8月の不動産開発投資は9兆809億元で、前年度比7.4%の減少、内6兆8878億元が住宅投資で6.9%減少した。 特に8月の不動産投資は前年比13.8%減と13カ月   .....続き

  • 2022年9月7日

英Ds smith社 エネルギーコスト上昇で大幅値上げ 発表当日から適用 140€(20円/kg以上)

  ■ 英Ds smith社 エネルギーコスト上昇で大幅値上げ 発表当日から適用 140€(20円/kg以上) 2022年9月8日 英大手製紙メーカーであるDs smith社はヨーロッパ全土で原燃料価格が危機的に上昇している事を背景に大幅な緊急値上げを発表した。 値上げ幅は欧州全域で140   .....続き

  • 2022年9月7日

スウェーデンLessebo Paper社 電気代暴騰で生産停止

  ■ スウェーデンLessebo Paper社 電気代暴騰で生産停止 2022年9月7日 北欧スウェーデンの印刷用紙メーカーであるLessebo Paper社は電気代高騰を理由に8月31日から生産を停止した。 同社の電気代は1日に5.8万€(1200万円)を超え、年間1900万€(270   .....続き

  • 2022年9月4日

ロシア ノルドストリーム1によるガス供給を無期限停止 古紙需要にも影響懸念

  ■ ロシア ノルドストリーム1によるガス供給を無期限停止 古紙需要にも影響懸念 2022年9月4日 ロシア国営企業ガスプロムは、2日ノルドストリーム1による欧州へのガス供給を再開しない事を発表した。 ノルドストリーム1は保守点検を理由に8月31日から稼働が停止しているが、供給を再開しな   .....続き

  • 2022年9月3日

中国製紙産業利益大幅減 前年度比45.6%減

  ■ 中国製紙産業利益大幅減 前年度比45.6%減 2022年9月3日 中国国家統計局が発表した統計によると、今年1月~7月の大企業収益は4兆8929億5000万元で、前年同期比1.1%減少した。 国有企業が前年同期比8.0%増の1737億6千万元を計上する一方、小売民間企業の総利益は1   .....続き

  • 2022年9月3日

海上運賃が急激に軟化 貨物量が激減 9月古紙出荷量減少も影響

  ■ 海上運賃が急激に軟化 貨物量が激減 9月古紙出荷量減少も影響 2022年9月3日 ウクライナ戦争勃発後、荷量の減少などに伴い軟化傾向にあった海上運賃が先月よりさらに大幅に下落した。欧州や中国の景気減退に伴う荷量の減少が加速し、上海-北米向けの航路は8000㌦を割り込み一か月で100   .....続き

  • 2022年9月2日

玖龍紙業 9月も大型休転を発表 根深い需要低迷

  ■ 玖龍紙業 9月も大型休転を発表 根深い需要低迷 2022年9月3日 中国大手製紙、山鷹国際に引き続き、玖龍紙業(太倉工場)も9月1日~30日までの間に10~20日間機械を停止する事を発表した。 中国では厳しいゼロコロナ政策が継続されており、 中国南部広東省の深圳市に於いても2日から   .....続き

  • 2022年9月2日

インド原紙の購入を止めた中国③  インド国内の段ボール市場

  ■ インド原紙の購入を止めた中国③  インド国内の段ボール市場 インドの人口は14億1200万人で、23年には中国の人口を超えると予測されている。GDPは3兆1733億㌦で世界6位となっており、一人当たりGDPは2100㌦、過去10年間の平均GDP成長率は6.9%と高い水準で成長を続け   .....続き

  • 2022年9月2日

インド原紙の購入を止めた中国②  インドが原紙を安く販売できなくなった理由

  ■ インド原紙の購入を止めた中国②  インドが原紙を安く販売できなくなった理由 インドの製紙企業がコスト高となった背景には、立地的条件や輸入古紙と石炭への依存度が高い事が上げられる。 インドの古紙回収率は30%前後で、ごみの分別や古紙の回収は行われてない。行政回収自体が2019年に始ま   .....続き

  • 2022年9月2日

インド原紙の購入を止めた中国① インド市場の成長課題とアジアへの影響

  ■ インド原紙の購入を止めた中国① インド市場の成長課題とアジアへの影響 17年に中国が古紙輸入規制を発表して以来、アジア各国に製紙工場が建設され、アジアは中国に代わる製紙、古紙の消費地へと成長した。 インドへ中華系企業は進出しなかったものの、17年のGST導入以後長距離物流の発達とそ   .....続き